ホラー×ソシャゲの可能性を探る

前回、大好きなホラーについて語らせていただきました。
どれぐらいハマッているかを文章化したことは今までなかったので、改めて趣味と向き合ういい機会になりました。
最後に意味深な感じで問いかけた部分については、こちらの記事の最後で解説していますので、もし気になる方がいたらご覧ください。

 

ホラーについて考えていた時、ふと思ったことがあります。
「ホラー」を題材にしたソシャゲってあんまり見なくないですか?

ひたすら怪談を読み続けるノベルゲームや、殺人現場の痕跡から推理するという感じのサスペンス系のゲームはチラホラ見るものの、
一般の人が「ソシャゲ」と聞いて連想するような、キャラの育成・ガチャを回すという要素のあるジャンルでは「ホラー」は見かけない気がします。

ホラーにおける有名キャラクターの著作権という問題もあるかとは思いますが、
今回はその辺は特に考えず、自由に「ホラー×ソシャゲ」の可能性を考えていきたいと思います。

まずはゲームのジャンルです。
先ほども述べた通り、ノベルタイプのホラーゲームについてはもう充分すぎるほど世に溢れているので
他で考えましょう。

うん、やはりホラーと相性がいいのは「位置情報系」のゲームかなと思います。
ガチの心霊スポット巡りはよろしくないので、良くない気・怪異がある場所を探索するようなゲームにしたいかなと思います。
「妖怪を捕まえる」というものにするとポ〇モンや妖怪〇ォッチ、はたまたヨー〇イザーの模倣ゲームになってしまう恐れがあるため、
ここは「その場所まで行って除霊を行う」という目的にしましょう。

                      ※凡そゲーム会社の人間としてあるまじき低クオリティですがお許しを…

画面のイメージとしてはこんな感じでしょうか。

う~ん、イマイチ面白そうに感じられません。

ここはソシャゲの醍醐味である「キャラクター要素」の出番です!
サポートキャラクターの導きのもと、怪異を取り除いていく…うん、いい感じになってきました。

ここで実装するサポートキャラクターには、とっつきやすさを含め、
往年のメジャーなホラーの登場人物を起用しましょう!

ホラーキャラクターと一緒に除霊を行うのは矛盾している感じもありますが…

こんな感じのキャラが、ガチャを回して手に入るようにしましょう。
「座敷童」「雪女」「口裂け女」「ろくろ首」など日本古来の妖怪に加え
「キョンシー」「ゾンビ」など海外のキャラクターも取り入れられると面白そうですね。

設定としては「低級の幽霊・妖怪がたくさん現れてきたせいで、人間が自分たちのような、昔からいる妖怪の存在を忘れかけている。自分たちが消えないために、除霊に手を貸す」といった感じでいかがでしょうか。

一気に画面が華やかになりましたね!(個人的感想)

ただ、ホラーを題材にしているには平和すぎる気もします。
ちょっと怖がらせる要素も入れましょう

深夜に徘徊してると低確率で大変なことになる……という感じでいかがでしょうか。

昨今はホラー系Youtuberをよく見かけるようになったり、ニコニコ動画でホラー作品の特集が組まれるなど、ジャンルとして一つの盛り上がりを見せているこの業界。

今こそ、こういうゲームは需要ありませんか?(投げっぱなし)

以下は、前回の記事の解説です。

最後にある「あなたには真実が見えましたか?」という文章をそのまま受け取っていただければと思います。
要するに「真実」を探せばいいのです。
「真」「実」を探してください。

記事内二枚目の写真、左側の町内看板→「真間四丁目」
三枚目の写真、左側の電柱→「実籾五丁目」
頭文字が「真」と「実」
真実は見つかりましたか?

※ところどころ赤字になってたのはただのミスリード狙いです

大衆娯楽を幅広く楽しむアラサー世代。

主な生息地は競馬場・動物園・水族館。

関連記事

PAGE TOP