大会レポート

【ストV】ルーキーズキャラバン~岩手大会~

【大会参戦レポート】ストリートファイターⅤ ルーキーズキャラバンin岩手

WitOneは今年からe-Sports活性化を目的として、ゲーミングチームを作り活動を始めました!

そして、回は活動を始めようと言ったタイミングに、株式会社カプコンと株式会社ディンプスが開発した対戦型格闘ゲーム「ストリートファイターⅤ」の『ルーキーズキャラバン』がエントリー受付しているとのこと!

大会まで1カ月くらいしかなく、全然触っていないタイトルだけど、参加することに意義があるんだ!ということで、出場しちゃいました!

「ストリートファイターⅤ」は2D格闘ゲームの中で最高峰と言われる程の層が厚いプレイヤーがひしめき、既に3年以上人気稼働しているタイトル!

盛り上がっているe-Sportsの模様を大会に参加してレポートしてみます!果たして、どうなることやら。。。

改めて、参加するタイトル「ストリートファイターⅤ」は2D格闘ゲームです。

1対1の真剣勝負で、今回の大会では2先と呼ばれる、最大3試合中の2試合を先に勝利した方が勝ちというルール!

1回勝てれば勝利となるルールより、より実力が明白になります。

そんな自分の腕1本で勝利を切り開かないといけない大会に出場の名乗りを上げたのは、

島田喜之(しまだよしゆき)

学生時代はゲーセンで過ごし、青春はゲーム音と煙草のにおいが思い出という、ゲーマー。社会人からはエンジョイ勢で、このゲーミングチームのために復帰を決意。

元々社内でゲーム大会が開催される時に優勝が多く、出来レースと揶揄されることから実況・運営に回った経緯を持っていたので、白羽の矢が立ったのだった。

さて、肝心の大会です。

いきなりですが、大会の場所は岩手です。

本社所在地は東京です。

はい、遠征ですね。人口密度が高くない地域の方がゲーマー率が減って勝てる可能性が上がるんじゃないかというせこい考えが満載ですね。

そもそも岩手への片道は2~3時間!10時受付開始で、新幹線の時刻表を見ると5時起き!遠征している選手の大変さを垣間見ることができますね。

決戦の地、イオンモール盛岡に到着!

 

 

既に多くの参加者が集まり、熱気を感じます!

気になる大会の結果は!!!!

 

 

予選ブロック準決勝での敗退。。。

同じように多くの遠征者がいたようで、愛されている作品であるとともに、皆さんが本気に取り組んでいることを思い知ります!

もっと練習して、挑もうと心に誓い、勝利を収めた方が本選で活躍されることを祈るのでした。

お土産を買ったからか、遠征の疲れか、少し重い足取りで心の汗がこぼれないよう、下を向かず帰りの新幹線に向かうのでした。

結局、予選ブロックで敗退してしまいましたが、次の機会に向けて練習をと!野試合を行い、多くの選手と交流を持て、e-Sportsへの思いを伺うことができました!

また、プロ選手によるレクチャーやわかりやすい試合の実況、芸人プレイヤーとの賞品がもらえるイベント試合等、完璧な会場運営で、出場者だけではなく、観客のみなさんも全力で楽しみ切れる構成でした!

本当にありがとうございます!!

今後も色々な活動を行って行きたいと思っておりますので、まだまだ駆け出しで動き自体が乏しいWitOneゲーミングチームですが、あらゆるゲームで交流してくださるみなさんをお待ちしております。各社のみなさま、どうぞよろしくお願いします!