大会レポート

【ストⅤ】ONE Street Fighter Tokyo Challengeに参加してきました!

今回参加したONE Street Fighter Tokyo Challengeは、びっくりなことにリアル格闘技と格闘ゲームの大会が行われた総合イベント「ONE マーシャルアーツ・ファンフェス」の中で催されてました!

シンガポールの格闘技団体「ONE Championship」のe-Sports部門「ONE Esports」が格闘ゲーム側を開催されたようです!格闘技団体なのに、e-Sports部門があるってすごいですね!

海外は、e-Sportsが発展していると言われるだけあって、エンターテインメントとしての見せ方も考えられていて、リングはもちろんですが、ゲーム台などもクラブのような雰囲気でオシャレです!

 

また、イベントは二日間開催され、初日は新空手と鉄拳7、二日目には修斗とストⅤを「日本VS世界」と言う形式を掲げて、海外から選手が来日して対戦すると言う、話を聞くだけでもワクワクできる内容です。

イベント内容は、元UFC世界フライ級の伝説的王者の「デメトリアス・ジョンソン」選手が公開ワークアウトをすることや、元ONE Championship世界ライト級王者「青木真也」選手による公開格闘技セミナー、更にはサイン会や写真撮影などもあり、ファンや格闘家までもが集っていました‼

e-Sportsファンとマッチョな格闘家達が一堂に会する、今まで成し得たことがないイベントですが、格闘技を愛すると言う共通事項を持っているので、新たな化学反応が起こるに違いなしです!

特に前述した「デメトリアス・ジョンソン」選手とストⅤカプコンプロツアー2019グローバル順位で現在(2019/10/9)1位の「ボンちゃん」選手とのエキシビションマッチ行われました!

もちろん格闘技!?ではなくストⅤで行われ、マッチは「ボンちゃん」選手が勝利しましたが、試合後の会話はe-Sportsとリアル格闘技の垣根を超えた、まさにトップアスリートの駆け引きが詰まっており、素晴らしいセッションとなってました!

さらには格闘技の試合を元格闘家でスト5プレイヤーのジョビン選手が監修して体力ゲージなどが付いたストⅤ仕様が放送もされていました!

https://abema.tv/channels/special-plus-2/slots/94skfEDQU6qGo9

さて肝心のONE Street Fighter Tokyo Challengeですが、今回は筆者島田と一緒にWitOneからは田中選手も出陣!

田中選手は大規模な大会出場は初となるが、SFV対戦会「Fighter’s Crossover -AKIBA-」の初中級大会では、準優勝を果たしたこともある実力の持ち主!

試合順は田中選手からだったので、応援だー!と、思っていたら、筆者は試合に呼ばれ、田中選手の雄姿を見ることすらできませんでした。。。

そして筆者の対戦相手はストリートファイターリーグハイクラストライアウトで最終選考にまで進まれた方!相手にとって不足なし‼

試合の結果はーーー二人とも一回戦敗退。。。いや、相手にとったら不足ありまくりでしたね。。。動きを読まれると言うか、狙い通りに動かされてしまい、惜しげもなく敗れてしまいました。。。もっと手癖を出さずに、我慢を覚えられるように頑張ります!

大会自体にはおよそ150名を超える参加者の上、プロだらけ!何というか、1回戦から決勝戦かのようなカードもちらほら見受けられる状況で、配信されないのがもったいないくらいな環境でした。

この場はまさに、観客でも来たいと思える濃厚な空間でしたよ、ホントに‼

そして、この予選を勝ち抜いた選手2名+ボンちゃんが日本代表となり、チームオールスター・チームタイワン・チームコリアとが戦い、見事、日本代表のチームボンちゃんが優勝!

今回は盛りだくさんのイベントでONE Championshipが行う記念すべき第100回目の大会(2019年10月13日、両国国技館で開催)も目が離せません!