【ブレイブルー】SUMMIT OF BLAZBLUE 3rd予選 ~名古屋~

11月23日に名古屋の”コムテックタワー”にて行われました、
SUMMIT OF BLAZBLUE 3rd予選」に出場してまいりました。

名古屋のゲームセンターと言えばコムテ。
昔から格ゲーはもちろんの事、様々なゲームのイベントや
ユーザー主催・公式主催問わず、大会の予選等が行われてきました。

そして今回の予選は、以下の3人チームで臨みました。

チーム名:いなぎさん結婚おめでとう

  • Jアンソン (ハザマ)

西の№1ハザマ使い。ネタが豊富で全体的に押せ押せな立ち回り。

  • tetsu (ラグナ)

池袋、南浦和に引き続き組んでくれたラグナ使いのトッププレイヤー。

  • iwasi (ラムダ)

空投げがスカったらもう1回空投げするマン。あまりガードをしない。

出場チーム数は17。
いやー今回は名古屋まで出向いたのにクジ運悪いですね…
順当にいけば、優勝の大本命と2回戦で当たる位置です。

なんにしても、まずは1回戦から。
1回戦目の相手はプラチナ、スサノオ、カルル。
スサノオ以外はラムダ有利と思ってる組み合わせです。

まずは先鋒として、tetsuさんが出陣。
特筆することもないくらいに、プラチナとスサノオを
キレイに2タテしてました。後ろで見ていても不安要素が無かったです。

ここで出てくる相手側の大将カルル。
カルルのステアレを5Aで止めるなど、対策なのかやりこみが光るtetsuさん
しかしフルラウンドの上、tetsuラグナがカルルに負けてしまう。

決して大きなミスは無かったものの、
カルルのバックステップを通している場面があったので、
そこが敗因と言えるのでしょうか。ヴィヴァーチェとバクステ強い…

こちら側も中堅としてiwasiが出陣。
南浦和予選ではカルルに負けたものの、本来はラムダ有利の組み合わせ。
かなり対戦も数をこなしていたので自信がありました。

とはいえカルル。ハメキャラなので捕まったらかなり厳しく、
ここでもフルラウンドの展開になりました。

最終ラウンドでは、終始iwasiラムダのペースで、
空投げを4回擦って4回目に決めるという力技感がとてもすごい
リーサルにて一回戦を突破しました。力こそパワー。

迎えた運命の2回戦。「弱キャラーズ」というチーム名通りに、
構成はヒビキ、ツバキ、ノエル。確かにキャラはあまり強くないですが、
その使い手たちは全員全一と言える人たちです。正直怖すぎました。

しかしこちらも全一と言える3人で、キャラも弱め。
おあつらえ向きと言えなくもないのではないでしょうか。

長考した上で、こちらの先鋒はiwasiで相手はノエル。
先鋒ツバキ読みだったのと、ノエルが苦手なので読み負けですね。

1ラウンド目は、少しiwasiの動きが固かった事と、
ノエル側に太めの選択肢を通された事から、
完全にわからされた形でノエル側が1ラウンド目を先取。

2ラウンド目は、下段がアツいラムダの固めを駆使して崩し、
固めを直ガエクシーガで割り込みラウンドを取り返す。

最終ラウンドはお互い早めのバーストを切ってから、
iwasiが押せ押せの展開に。弾抜け警戒しつつも、
ノエルへ着地から攻撃移行のタイミングに、ラムダ5Dが刺さる。

そこから起き攻めへのセットプレーとして、普段あまりやらない
6C〆>アクト>アクト投げというリーサルで勝利。
あきらかに大会ならではのムーブでした。

なお、相手側は中堅としてヒビキが。でしょうね。
とにかくヒビキが苦手なのと相性が悪いのとで、
終始ヒビキ側のペースで負けてしまいました。

このままヒビキに中堅のtetsuさんと大将のアンソンさんが
負けてしまい、名古屋予選は2回戦敗退となりました。

iwasi含め、3人とも寝っぱ狩りされていたのが印象的で、
その辺が相手ヒビキのうまポイントでした。

もちろんこのままiwasi達が負けた「弱キャラーズ」が
勝ち上がり優勝となりました。

予選の様子はアーカイブより確認いただけますので、
よかったら観てみてください。

残ってるのは当日予選のみ!
諦めずにがんばります!!

格闘ゲーム歴 約24年 アークシステムワークスのゲームが得意
2年連続で全国大会にも出場、現在も大会に向け邁進中!!

関連記事

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP