雑記

【雑記】GOPRO8 水中で撮影したら予想以上にブルーだった

ウィットワンでも撮影機材としてGOPRO8を導入しました。
アクションカメラとしての使命を全うするためにさっそく海でテスト撮影です。

といっても今は11月…

マジで「寒い」

陸地にいても寒い時期に、水に入るのは正気の沙汰ではないなと思いつつ海へGO!!

めっちゃ綺麗

しかし水温は19度前後なので銭湯の水風呂と同じくらいの湯加減です。

陸に上がって温かいスープを飲んだら、モリをもって再び極寒の海へ!!

はい!イシガキダイGET
磯の王様と呼ばれる程度の高級魚!
見た目もブランド品みたいでゴージャスかわいい!!

社内のメンバーも美味しそうなメジナをハンティングしていました!

水面付近で太陽の光が差し込めばウロコまで鮮明に撮れますね。

さすがアクションカメラ!!!

と思っていたが…

なんかのこりのやつ、全部青すぎね…???

ウツボとの戦闘

アイゴの群れ(視認不可)

もはやホラー…!!

調べてみると「青かぶり」といって水中での撮影ではよくあることみたいですね。

そこそこ綺麗に撮れたのは水面付近かつ至近距離で撮影したものだけで、
残りの映像はほとんどが青っぽくなったり、緑っぽくなったりしてしまいました。

 

Beyond Next Levelのキャッチコピーに偽りはありませんが、GOPRO8を持ってしても「青かぶり」の対策は必須のようです。

来年の夏は青かぶり対策としてレンズフィルターを試してみようと思います👍👍👍