雑記

eスポーツで貰える賞金の仕組みと過去最高額とは?

eスポーツが流行り、高額の賞金を耳にしますよね!
でも日本では、まだまだ高額賞金の大会は数多くありません。
何故なのか、ちょっと調べてみました!

まずは、クリアしないといけない法律的なことから

1.賭博法により、偶然の勝敗に関して財物を賭けてその得喪を争うことを禁止
2.風営法により、遊技の結果に応じて賞品を提供することを禁止
3.景表法により、ソフトのオマケに賞金があるように見えることを禁止

参考引用元:https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/kensho_hyoka_kikaku/2018/contents/dai4/siryou1.pdf

1.賭博法により、偶然の勝敗に関して財物を賭けてその得喪を争うことを禁止
⇒わかり易く言うと、勝者の獲得する賞金が、敗者の財布から出てはダメ
⇒さらに具体的に言うと、参加者からお金を集金し、ゲーム大会の勝者に配布してはダメ
⇒回避方法として、参加費は大会運営費へ観客やスポンサーから賞金を捻出する

2.風営法により、遊技の結果に応じて賞品を提供することを禁止
⇒風営法に関わる運営者は賞品を出せないため、第三者などが提供
※風営法に関わる運営者は具体的に言うとゲームセンターなど
⇒回避方法として、ゲームセンターではない場所での大会、賞金はスポンサーなどが提供する

3.景表法により、ソフトのオマケに賞金があるように見えることを禁止
※賞金の上限は10万円以下なら問題ないしともしている
⇒無料ゲームであれば問題ない内容ですが、
有料ゲームに対して高額賞金を出すと言う場合は
有料ゲームの購入を誘引している(オマケ)と
見受けられてしまう可能性があると言われてきました。

なお、消費者庁表示対策課長の見解や
東京ゲームショウでは2019年度JeSU活動報告によると、
eスポーツの賞金は法令適用事前確認手続きより、
「景表法および刑法に違反せず」との回答を得たとしています。

そのため、現在では景表法については考慮しなくても問題ないようです。

さてここで、過去のeスポーツ最高賞金タイトルTOP3です!

■1位・・・フォートナイト

⇒総額約3000万ドル

■2位・・・Dota2

⇒総額約2550万ドル

■3位・・・リーグオブレジェンド

⇒総額約645万ドル

夢が広がる賞金額ですね!

特に日本では賭博法の観点から行うことが難しい、
特定アイテムを購入した際、その一部を大会の賞金にするシステムがあるため、
多額の賞金になることができるのかもしれません!

日本でもシャドウバースが賞金総額131万ドルを出してます!

上記したクリアしないといけない点もありますが、
eスポーツ中継がより行われるなどして、
eスポーツの認知度が上がり、ファンやスポンサーが増えて行けば、
日本でも、さらなる高額賞金のタイトルが増えて行くかもしれません!

自分もゲームファンの一員として、
課金を頑張ります!