雑記

【雑記】クロスボウの輸入で大事なのは気合いと寛容な心

クロスボウ届きました~🤠

こちらの内容は、前回記事の続きになります。

【雑記】ハンターを目指してクロスボウを輸入した話

デカすぎだろっ

いやーほんと、
手に入れるまで、苦労しました。

サウスカロライナ → サンフランシスコ → ロサンゼルス → ホノルル → 日本…

各地を旅してやってきたクロスボウですよ。
僕より人生経験が豊富かもしれません。

まずは、厳重に縛られたテープを段ボールから丁寧に剥がしていきます。

段ボールの下は発泡スチロールで梱包されているようで、配送トラブルの懸念は

払拭された……

ように思えた

ポロンッ

 謎のパーツ「こんにちは!!」

ついでに言えば、発泡スチロールから銃のストック部分も挨拶してきやがる…

クロスボウちゃんも長旅で疲れているんだろうなぁ~

とポジティブに考えたが、僕はここで重大なことに気が付いた。

海外製の段ボールやる気なさすぎだろッッ

日本で一般的に使用されている段ボールと比較したら一目瞭然…
厚さで比較するなら半分もないように思える。そりゃ、破損しますわ。

 

まぁ、、、

大事なのは人間と同じで中身なわけで、外見だけよくても意味はないと思うんですよ!!

めっちゃ、ええやん😇😇😇

 

クロスボウの核となる「銃身」と「弦」の部分は

丁寧にビニールで覆われており、ホッと一息。

発泡スチロールも銃の形状に倣って仕切られており、本体へのダメージもないようだ。

さっそく組み立てようと、箱を覗いたその時…

なんだコイツらは!!

しかも、袋くっさ!!

パーツを乗せて写真を撮っているが、汚れたビニール袋は単体で発見された模様。
日本に到着するまで、段ボールの中では自由気ままにパーティーが開催されていたようだ。
どこかの国でネジが迷子になっていないことを願うばかりだった。

念のため問い合わせしてみると…

頼もしいのか、頼りないのか
イマイチよくわからないが、
とあえずパーツは
何でも送ってくれるらしい。
どうもありがとうございました

気を取り直して組み立てようとしたところ、手順書や説明書は同封されておらず
販売元の公式HPを見てもマニュアルは存在しなかった。。。

梱包状態からしても「気合でどうにかしろ」という、メッセージが込められているのがわかる。

 

不安はよぎったものの
パズルゲームは得意なほうなので10分程度で形になった。

Vulture 400fps」完成!!!

うhっひょーかっけっぇ‼

ドローウェイト(弦を引く力)150ポンドはとんでもなかった。
換算すると約70㎏、もうね、筋肉たりないとかの騒ぎじゃないですよ。
まずワイヤーで指がちぎれそうになります。

でもこれで、ハンターになりたいという夢に大きく一歩近づいたかな!!

次は、さらなるロマンを求めて狩猟免許の取得を目指したいと思います👍👍👍

※クロスボウの矢を用いての狩猟は日本の法律で禁止されています。
※クロスボウの所持は軽犯罪法1条2項により罰せられる可能性があるため注意ください。
※この記事は執筆者ヨシオカの個人活動を記録したものであり、株式会社ウィットワンの事業内容とは異なります。

ウィットワンではユニークな仲間を通年採用しています。

ガンガン成長しながら、ゲームを楽しくするサービスを提供したいという方

ぜひご応募ください!