日本の夜明けを見てきた話

緊急事態宣言が解除されましたね。

これでどこにでも行ける!
何にだってなれる!
※感染症対策は必須

ということで、久しぶりの遠出を計画しました。

テーマは『緊急事態宣言の解除で、日本が明るさを取り戻す!

明るさを取り戻す…

明るくなる…

そうだ、日の出を見よう!

今回はひたすらいろんな場所に日の出を拝みに行ってみました!

日本の夜明けぜよ!

・犬吠埼(千葉県)

最初に行ったのは、日本で一番日の出が早い場所と言われる犬吠埼。
ですが……天気はあいにくの曇り。
水平線から上る太陽は拝めませんでした。ちょっと残念。
ですが、一面の大海原と太陽というシチュエーションはとてもいいものだったと思います。

・秩父山(埼玉県)

次に向かいましたのは、埼玉県の秩父山。
たまたま前日が雨だったため、有名な雲海を同時に見ることができました。
写真では伝わりにくいですが、かなり分厚い雲が下の方に広がっていて、幻想的でした。

・大洗海岸(茨城県)

続いては、海岸に鳥居があることで有名な大洗海岸です。
海・鳥居・日の出という三つを一枚の写真に収められたのは感動でした。
しかしこの日も若干曇りがち……自分は雨男だったようです。

・田貫湖(静岡県)

最後は「富士山越しの日の出が見てみたい」と思い、初めて西へ向かいました。
天気もほぼ完ぺき、一応逆さ富士も見れて文句なしの写真が撮れたと思います。
山頂を境にこんなにクッキリと色が変わるんですね……!

いかがでしたでしょうか?

「関東の日の出スポット〇〇選!」みたいな構成になってしまいましたが、全て自分で撮った写真なのでご安心ください。

10月の毎週末をこれに費やしたわけですが、一週間変わるだけで、日の出の時間が大きく変わることもまた新鮮な体験でした。

長いこと遠出や旅行ができていない皆さん、リモートワークが続き外にあまり出れていない皆さん。この機会にいい景色を見に行くのはどうでしょう?

大衆娯楽を幅広く楽しむアラサー世代。

主な生息地は競馬場・動物園・水族館。

関連記事

PAGE TOP