ウィットワンを選んだ理由は? ~社員に訊いてみた~

こんにちは!

以前ウィットワンのブログで取り上げた、
「ウィットワンの採用面接で未経験者がする質問TOP3は?~採用担当に訊いてみた~」
では、『ゲーム業界の仕事のやりがい』についてが
第3位に輝くほど、採用面接に来てくださった方々が、気になる内容でした。

ゲーム業界で仕事のやりがいを感じるだけならば、
ウィットワン以外にもたくさんの会社があると思います。
それでも、どうしてウィットワンを選んだのか
どのようなやりがいを感じて働いているのかを
今ウィットワンで働いている社員に聞いてみました!

そもそも、一人一人に「選んだ理由」が存在すると思います。
ですので今回は、新入・中堅・ベテラン社員に分けて聞いてみました!

それでは、入社して間もない社員がウィットワンを選んだワケや、
中堅・ベテラン社員が「選び続ける理由」について、
各社員の声をご紹介したいと思います!

【新人社員の選んだ理由】

「未経験だったけど、ゲーム業界で仕事がしたいと思ったから」

別の業種でしたが、ゲームが好きで、仕事にしたいと思っていました。
ウィットワンは未経験者でも募集していることが決め手でした。

業務についてはきちんとマニュアルがあったり、研修をしてもらえますが、
不慣れなこともあり、先輩社員だったら短時間で行える業務でも、
自分が行うとなかなか上手く進めることができず歯がゆい思いも経験しています。

でもそれ以上に、自分の企画が通り、
ゲームの中で思い描いた自分の表現が反映されたときの感動は格別です!

【中堅社員の働く理由】

「ゲーム業界の最前線で挑戦し続けることができるから」

ウィットワンにはゲーム業界における色々な業種が揃っています。
スキルや能力、希望によって、自身がなりたいキャリアプランを形成することもできます。

また運営アドバイザーでは、ゲーム企画や設計を担い、
プランナー・デザイナー・エンジニア・ディレクター・プロデューサー等、
多くの関係者を巻き込みゲーム制作の中心となって進めることができ、
計画の管理進行を構築して行くことがやりがいとなっています。

運営されているタイトルやもうすぐリリースされるタイトルに携わっていることから、
ゲーム業界の最前線に立っている実感や達成感が働き続けている理由です。

【ベテラン社員の働く理由】

「”やりたい!”と言えばチャンスをくれる風土があるから」

新規プロジェクトの立ち上げやチーム設立、
既存サービスの拡張や新サービスの発案・提案など、
ウィットワンは自らの意思を表現する機会を設けてくれます。
上記のような”やりがい”も多い反面、大変なことも多く存在します。

”新サービスを創造する”ということは、正解のない判断が求められます。
普段から他部署と情報共有を行ったり、
色々な物事にアンテナを張って行動していかなければいけません。
正解のない新たな物事に挑戦し続けることは大変なことですが、
ウィットワンはチャレンジする人に協力を惜しまず
苦難をチャンスにする精神で企画から多くのメンバーが携わります。

そうして、新規サービスの開始に辿り着いた際の達成感は何事にも代えられません。
常に挑戦し続けることができる環境だからこそ、働き続けることができています。

以上のように、色々なことを経験して知識を蓄積することで、
働く理由は変化して行くようですね!

最初は携わることができ、教わって行くと言う、受け身の業務が主になりますが、
経験を積み重ねていくことで自分がきちんと携わって行き、
業務が目に見えるゲームなどの形となって
喜びを感じることができるようになっているようです!

そして、中堅社員のように主体的に業務を行うことができるようになると、
最前線で挑戦できる喜び・達成感を得ることができるのですね!

さらに中堅社員の延長線上として、ベテラン社員になると、
今まで培った経験・知識を基にサービスの提案ができたり、
多くの判断を求められる業務が増えて行くようです!

いかがでしたか?

皆さんがどのようにウィットワンで働いていたいかなど、
未来や将来を考える上での参考になりましたでしょうか?

こんな感じのウィットワンですが、
一緒に成長した未来を創造したいと言う方からのご応募をお待ちしております!

最近事故に遭って左腕を骨折した、レバーを握れない格闘ゲーマー
WitOneゲーミングチームの名を馳せるべくe-Sports大会に闘志を燃やしている

関連記事

PAGE TOP