プログラマーってどんなお仕事?

みなさん、こんにちはプログラマーの「なっつん」です。
みなさんは「プログラマー」というとどんなイメージがあるでしょうか?

そもそも扱っている「プログラム」のイメージも
「むずかしそう」とか「大変そう」というイメージがあるかもしれません。
プログラマーに対しても「頭よさそう」とか「数学得意そう」というイメージでしょうか。

いえいえ。
実はそんなことないのです。
プログラマーのお仕事は、他と同じように「考えるお仕事」なのです。
プランナーやデザイナーから「こんなことしたい」「こんな機能がほしい」という
要望やお話を聞いて、じゃあどうすればそれを実現できるか考え、
そして作る、それがプログラマーの役割です。

もちろん、単純に考えるだけではありません。
いかに安全にバグが出ないようにするか、
いかにあとからメンテナンスしやすいようにするか、
いかにほかの人が見やすいようにするか、などなど。
結構考えることは多いんですね。

ただ、そういったところは「経験値」という部分も大きいです。
いきなり魔王を倒せる勇者がそうそういないように、
スライム倒してレベルを上げていくしかないのです。
同じようにプログラムは使い続けていれば慣れます。
ひとつのプロジェクトが終わった後に「こうすればよかった」「ここはこうできた」という
反省をすれば、次につながるレベルアップになります。
そうやって、自分の中に「経験値」を貯めていくわけです。
まぁ、チート級な異世界召喚勇者がいるように、
最初から天才的なプログラマーもたまにいますけどね。

なので、数学的な知識も持っていれば武器にはなりますが、必ず使うかというとそうでもないのです。

数学の得意な人が「パズルみたいなもの」というように、プログラムもパズル的なものです。
どうやればうまくできるかを考えるパズルですね。
英語の文字や計算式がいっぱいあるので、
難しそうに見えるかもですが、触ってみるとそこまでではないと思います。

小学校でのプログラミングの授業も始まるみたいですし、
ちょっと興味を持った方はプログラムを触ってみるのはどうでしょうか?
少なくとも間違えたからとっいてパソコンが爆発したりはしないですから!

仕事だけでなく趣味にも全力投球するウィットワンは一緒に働けるメンバーを募集しています。
採用ページへGo

関連記事

PAGE TOP